筋トレを始めたら筋肉痛!運動を続けるべき?休むべき?

 


ダイエットや健康管理に筋トレを始める方は多いですが、いざ運動をした時に筋肉痛が出始めたらどうすれば良いのかについてご存知でしょうか?

筋肉痛が出た時にもっと運動すべきか?
トレーニングを休むべきか?

どちらにメリットがあるのかについて詳しく解説しますので、より早く、より効率的に筋肉を付けるために予習していきましょう。


筋肉痛は休憩のサイン

 

筋トレを行った翌日などに体に痛みが走るようになるいわゆる筋肉痛ですが、これは運動によって筋繊維が破壊されて起きるものです。

つまり負荷によって筋繊維がいくらか切れてしまって、軽い怪我のような状態になっているのです。

そして、筋繊維は壊れてしまったものを修復する際により強固になる性質があります。
これによって、筋繊維の破壊、修復を繰り返すたびに筋肉は太くたくましくなっていくのです。

したがって、「筋肉痛が出たから運動が効いている証拠だ、もっと運動しよう」はNGです。

まずは切れた筋繊維が強く新しい筋繊維に生まれ変わるまで、修復の妨げにならないように過ごす必要があります。

筋肉痛が出たら運動は一時中断して、ゆっくり体を休憩させるのがより短時間に強い筋肉を作るための近道と言えます。

さらに、休憩の際は筋肉の修復に必要なタンパク質豊富な物を食べ、なおかつお風呂にゆっくり浸かって血流を促すことが大切です。

そうすることで、取り込んだタンパク質が体全体に行き渡るようになり効率的に筋肉の修復を行うことが出来ます。


筋肉痛の最中にやるトレーニングは避けよう

 

筋肉痛が多少出ていてもさらに運動をすればより強い筋肉作れるだろうから運動をしたい、という方もいるかも知れませんがぐっと我慢しましょう。

筋肉痛が出ている最中に運動をすることは多くのデメリットを孕んでいます。

まず、筋肉痛の最中というのは痛みや筋肉の硬直によって腕や足などの可動域が狭くなっています。

その狭くなっている可動域のまま運動をすると、筋肉が動かせる部位と動かせない部位に分かれてしまい、部位によって鍛え具合に偏りが生まれてしまうのです。
さらに、筋肉というのは普段から引っ張り合う力が働いているので、偏ってしまうと健康被害の恐れもあります。

例えば、腹筋だけを重点的に鍛えて背筋の鍛錬を怠っていた場合は、強い力で縮む腹筋に体を引っ張られて猫背になりやすくなり、そうなると血流が悪くなることが考えられます。

また、体中へ栄養を運ぶ力さえ阻害されトレーニングや食事の栄養摂取の効率を下げてしまうこともあるのです。

したがって、トレーニングは体全体をバランスよく鍛えた方が良いでしょう。


筋肉痛が出たら頑張った証拠!!ゆっくり休もう

 

筋肉痛は体をしっかりと動かせた証拠でもありますので、筋肉痛が出たら「十分運動ができた」という事をしっかり認識し、がんばった分しっかりと体を休養させましょう。

動かす時と休む時のメリハリを付けることが効率的な筋トレのコツでもありますので、休むことすらも筋トレの一部であることを忘れないようにしてトレーニングスケジュールを組んでみましょう。