毎日筋トレするなら分割して励むべき理由とやり方

筋トレを毎日、まじめにすることが効果をあげることと思っている人も多いのではないでしょうか。

それとも、超回復の周期をうまく利用したほうがいいのか。

どちらがよいのか、わからない方は多いはず。

そこで今回は、効果的に結果を出せるための筋トレのやり方と毎日のトレーニングメニューを紹介します。


筋トレの効果のあげ方

 

毎日の筋トレが、それほど効果を示さないことがわかっています。

このサイトで述べているように、筋トレ効果をあげるには、「食事」と「休養の時間」を正しくすることです。

特に、筋トレをした後の食事と休養の時間は筋肉の回復を促し、筋肉の量を高めます。

筋肉の回復に重要な時間は具体的には筋トレ後の24〜48時間程の間です。

この間に「食事」と「休養」によって、筋肉は筋トレにおける激しい運動に耐えることができるように、自力で回復し、カラダをより強く作ります。


そのため、回復をする時間を与えることなく、毎日のように同じように筋トレを行うことは筋肉にとってマイナスの面も多いのです。


毎日しなくてOK、筋トレの理想の頻度

 

筋トレの理想の頻度は3日〜1週間ごとに1回です。

筋肉の回復する時間は、筋力、筋トレの強度、回数、部位などによって人それぞれ異なります。

常日頃筋トレを行っていない人は、週に1度の筋トレで十分といわれています。

目安としては筋肉痛の状態で見極めたり、筋トレのメニューを作って定期的なトレーニングがベストです。

 

毎日筋トレをするなら、部位を分けよう

 

といっても、毎日筋トレをしないと不安になってしまったり、毎日のように習慣としてトレーニングをしておきたい人も多いです。

そこで、毎日筋トレをやりたい場合は、日によって違う部位に負荷をかけることが理想です。

部位を分けることで、それぞれの部位は週に2回の負荷になるのです。

たとえば以下のイメージです。

月曜日:脚、腹筋

火曜日:胸、三頭筋、腹筋

水曜日:背中、二頭筋、腹筋

木曜日:肩

金曜日:脚、腹筋

土曜日:胸、三頭筋、腹筋

日曜日:背中、二頭筋、腹筋


毎日コツコツ努力を続けることが、重視されている日本人は継続することが「効果がでる」と信じています。

おそらく気持ちの面で、「効果がでないのはトレーニングが足りない」という意識があって、体を休ませることを良しとしていません。

休む、休養が怖い場合は、1週間で体の全体の筋トレになるようにメニューを分けて行うことが望ましいです。

ぜひ自分に合うスケジュールと頻度を探してください。