筋トレのために糖質は絶対不要なのか??

 

糖質制限ダイエット、という言葉が流行し、糖質の摂取量を抑えることで体重を効率よく落とすことは最早トレンドとなっています。

ジム通いが一般的となり、ハードな筋トレで身体のキレを出すことも平行して行い、理想の身体作りに励んでいる方は多いのですが、

そもそも本当に糖質は筋トレの邪魔物なのでしょうか。

そのあたりから考えてみましょう。

 

 

糖質は最も使いやすいエネルギー

 

筋トレに限らず、人間は動くため、あるいはただ呼吸したり心臓を動かしたりするだけでもエネルギーを消費します。

人によって生きているだけで消費されるエネルギーには差がありますし、運動の強度によっても消費されるエネルギーの値は変わってくるのです。

その際に使われてエネルギーとなる栄養は糖質、たんぱく質、脂質ですが、それぞれのエネルギー源には特徴があります。

まず、糖質は3つの中で最も早く消費されるエネルギー源です。

血糖値、という言葉からも分かるように私たちの身体は常に糖を循環させ、必要な時にエネルギーに変換しています。

次に、たんぱく質は糖質に次いで早く使われるエネルギー源である他に、筋肉の構成成分でもあります。

糖質を使い果たしたら、私たちの身体は不足するエネルギーを筋肉にあるたんぱく質を分解することで補おうとするのです。

エネルギーとして筋肉が消費されると当然筋肉は痩せて行きます。

そして、脂肪は銀行に預けた貯金のような、本当に最後に引き出されるエネルギー源です。

糖質やたんぱく質が使いきられて初めて使われるので、効果的に脂肪を消費することが難しいことがわかるでしょう。

 

ハードな筋トレをして、糖質を全く取らないとどうなるのか

 

糖質制限ダイエット、とは言っても1日にある程度の糖質を取る必要があります。

なぜなら、前述のとおり、糖質が不足した身体はエネルギー源としてたんぱく質を使用するからです。

折角、筋トレしたり、たんぱく質を取ったりしても、結局はエネルギーとして消費されてしまうので身体は仕上がっていきません。

したがって、糖質完全ゼロではなく、糖質制限をして健康的に身体を作り、仕上げていく方法が良いと言えるでしょう。

具体的には1日50グラム程度の糖質は最低でも必要です。

ゼロを目指す勢いで糖質を減らしていくより筋肉量の増加が早く、代謝も上がるので痩せやすくなる可能性が高くなります。

 

糖質を取ってしっかり筋トレ

 

筋トレをして理想の身体に近づくために、糖質は必ずしも敵ではありません。

たんぱく質を多くとることも脂肪を出来るだけ減らそう、と頑張ることも大切ですが、全てはバランスと程度の問題です。

したがって、例えば極端な糖質制限などをしなくても、しっかり筋トレして少し食事に気を使えば、身体に成果は現れてくるでしょう。