筋トレでお腹に筋肉をつけるためにはどうすれば良いのか

 


お腹は少し乱れた生活をしているだけでもすぐに脂肪が付いてしまう部分の一つです。

しかし、この部位もきちんと鍛え上げていくことで筋力をアップさせたり、シェイプアップできたりします。

とは言え、お腹の筋トレはどのようにやっていけば良いのかわからないという人も少なくないでしょう。

そのやり方とコツについて以下で詳しく説明します。

 

初心者の場合には定番の方法で

 

初心者がお腹の筋トレをする場合には、

まず仰向けに寝そべり膝を立てて90度に曲げた状態にします。

その状態で手を頭の後ろにやるか、胸の前で交差させて組んだ状態にし、

そこからおへそを覗き込むような間隔で上体を持ち上げ、

なるべく背中を丸めるようにして腹直筋を収縮させます。

そして、状態を持ち上げたら

今度はまたもとの位置に戻すために上体を下げましょう。

なお、このときにゆっくりと下げることでより効果を発揮させることが可能です。

回数は10回から30回を3セットほど行うことで効果を期待できます。


ある程度筋力がある方の場合には

 

上で説明した定番の腹筋の方法で筋力をアップさせることが出来た場合や、

もともとある程度の筋肉がある方の場合、

より負荷をかけることで筋力をあげることが可能です。

その方法としては足を地面につけず浮かせた状態で腹筋運動を行ったり、

ダンベルなどを頭の後ろで持って上体を起こしたりすることで、

通常の腹筋運動よりも強度の高いトレーニングを行うことが出来ます。

また、腹筋用のベンチを使って角度をつけて行うという方法も効果があるでしょう。

 

腹筋ローラーを使った方法

 

お腹を鍛えるための筋トレとして、腹筋ローラーがあります。

棒にローラーが付いており、膝を付いた状態でそれを往復させるという運動です。

この方法では腹直筋の他にも広背筋や三角筋などを鍛えることが出来ますので、

全身のエクササイズになります。

最初は膝を付いた状態で10回から30回を2セット、

あるいは3セット行うことで筋肉をつけることが可能です。

また、ある程度慣れてきたら膝を使わずに

立った状態で腹筋ローラーを往復させることで、

非常に強度が高い腹筋運動になります。

腹筋ローラーは上級者向けのトレーニング方法ですが、

継続して行うことで効果を発揮します。

 

お腹の筋トレはとにかく継続が大切

 

お腹を鍛えるための筋トレは、

上体起こしによるトレーニングの方法と、

腹筋用のベンチを使った方法や腹筋ローラーなどのさまざまな方法があります。

いずれの方法を使うにしても継続することが大切です。

腹筋は回復しやすい部位ですから毎日やっても問題はなく、

日々の積み重ねがお腹の筋トレには必要だということを覚えておきましょう。