椅子を使った筋肉トレーニングで、お腹まわりをすっきりさせよう

筋トレというと、ダンベルやトレーニングマシンを使うイメージがあるかもしれませんが、

実は普段座っている椅子を使っても効果的な筋トレができます。

腹筋をつければ、たるんだお腹を引き締めることができるでしょう。

自宅や会社で早速試してみたくなるほど、どれもやり方は簡単です。

椅子を利用した筋トレに、是非チャレンジしてみましょう。


シットアップより腹筋を鍛えている感覚がわかりやすい筋トレ

 

腹筋を鍛えるというと、シットアップをイメージする方が多いかもしれません。

シットアップとは、仰向けに寝て、上体を起こす腹筋運動のことです。

確かにこれは腹筋を強くできる運動ですが、筋トレにあまり慣れていない人がやると、腹筋以外の筋肉で上体を持ち上げてしまうことが多いのです。

そこで、筋トレにあまり馴染みのない人でも、腹筋を意識しつつできる筋トレを紹介します。

トレーニングのやり方

まずは椅子に浅く腰掛けましょう。

椅子の座面の横を両手でそれぞれ掴み、座っていた時と同じ、

膝を曲げた姿勢のままで脚を15cmほど上げておきます。

これが基本姿勢です。その状態からゆっくりと膝を胸に近づけていきましょう。

そして、またゆっくり基本姿勢へ戻ります。

下腹部を意識し、腹筋を鍛えているイメージを持ちながら行うとより効果的です。

最初は12回を2セット続けてみましょう。

慣れてきたら回数やセット数を増やします。

これは単純な筋トレですが、意外とハードです。

続けるのが辛い場合は、好きな音楽を聴きながら頑張るのもおすすめです。


会社でも人知れず腹筋を鍛える筋トレ

 

椅子を使えば、会社でも気軽に腹筋をつける運動ができます。

負荷の大きさによって3つのレベルがあるので、負荷が軽いものから順に挑戦してみましょう。

トレーニングのやり方その①

まずは一番やりやすい筋トレです。

椅子に座り、両手を机の上に置きましょう。

机の下では膝が曲がって足裏が床についている状態です。

背中をやや丸めて座って下さい。

これを基本姿勢とします。そして、左右の脚を交互に上げます。

膝を上げるイメージです。

脚は4秒かけてゆっくりと上げていき、4秒かけてまた下げます。

左右をワンセットとして8回は行いましょう。

トレーニングのやり方その②

次のレベルでは、基本姿勢は同じで、今度は両脚を同時に上げ下げしてください。

脚を上げるのに4秒、下げるのに4秒かけるのは同じです。これも8回行います。

両脚の同時上げ下げも楽に感じるようになってきたら、

一番ハードな筋トレに挑戦してみましょう。

トレーニングのやり方その③

椅子に座って両手を机の上に置き、背中を丸めたら、机の下で両脚を組みます。

そして、下になっている脚だけに力を入れ、脚の上げ下げをします。

今までと同じように、4秒かけてゆっくり脚を上げ、4秒かけてゆっくり脚を下げましょう。

左右8回ずつ行ってください。

この運動は、腹筋をつけるだけではなく、腹斜筋を鍛えることも可能です。

腹斜筋は、男性らしいかっこいいお腹のくびれを作ってくれます。

身体のメリハリをつけてくれる筋肉なので、

これを鍛えるとお腹周りがスッキリするだけではなく、

身体全体のバランスが良くなり見栄えも変わるでしょう。

 

椅子を使った筋トレを侮るなかれ

 

椅子を使った筋トレは手軽にできるのでおすすめです。

普段の生活の中で行えるものばかりですので、空き時間を利用して挑戦してみましょう。

気長に続けると、筋トレが生活の一部になるでしょう。

筋肉をつけるためには、運動を習慣づけることが大切なのです。

いい筋肉がつけば、いつの間にかお腹もへこみ、

すっきり引き締まった身体になる可能性があります。