HMBサプリメントのベストな使用方法について

 

必須アミノ酸が合成する物質を含むHMBサプリメントは、筋肉の合成や分解抑制に役立つことが分かっています。
筋肉の合成を促すのと同時に、分解を抑えてくれますから、筋トレのお供に適していることが理解できます。
HMBサプリメントに含まれる成分は、実は体内でも生成されていますが、1日の量はとても僅かで簡単に不足します。
また、食品でも補えますが、グレープフルーツやナマズなど限られている上に、大量に食べなければいけないので非現実的です。
その為、筋トレを行う場合はHMBサプリメントで補うことが、現実的かつベストな方法となります。

 

HMBサプリメントの使用方法

 

気になるのはベストな使用方法ですが、栄養の消費と不足が生じるトレーニングに飲むが基本です。
摂取してから体内で吸収されるまでに時間差がありますし、この間に不足する事態は避けたいところです。
つまり、本格的な筋トレを始める直前に摂取して、不足する状況に備えるのが理想的というわけです。

勿論、筋トレ後に飲んでも遅くはありませんが、しかしベストかと問われればやや疑問が残ります。
大量に飲むのも良くないので、1日あたり3gを目安に筋トレ前に飲むのが懸命です。
ただ、トレーニング前後で隙なく摂取したい場合は、1日分を分けて筋トレ前と、筋トレを終えた後に飲むのも1つの手です。

 

飲み物に注意する

 

飲み物は無難に水が最適ですが、カフェインレスのお茶で飲んでも大丈夫です。
コーヒーは、HMBサプリメントの成分の1つクレアチンの効果を損ねるので、カフェインの有無に関係なく御法度です。
厳密にいえば、他の飲み物は使用方法における飲み合わせの指定はないので、何で飲んでも構わないことになります。
ところが、一般的な摂取方法に従うなら、ジュースやアルコールは避けた方が良いでしょう。
カフェインは吸収や効果に影響しますし、アルコールも無視できないのでやめた方が無難です。
ジュースは特に、グレープフルーツが代謝に影響を与えるので、少なくともこのジュースはNGです。
酸味を感じる酸性飲料も全般的に、成分に与える影響の可能性を考慮すると、避けるのがベターという結論に至ります。

 

トレーニングしない日の飲み方

 

トレーニングがない日も、HMBサプリメントを飲むことになりますが、通常とは少し異なる使用方法です。
それは1日分を3回に分けて、朝昼夕食後に摂取するやり方です。
分ける理由は体内の成分を保ち続け、筋肉の分解を防ぐ点にあります。
面倒だったり忘れそうなら1日1回で済ませるのも良いですが、ベストな方法を求めるのであれば、1日3回の摂取が理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です