筋トレ期間中に一番お世話になる食材は鶏肉

 


ダイエットを成功させるには食事制限だけではなく、筋肉をつけることも大切です。
筋肉をつける事で基礎代謝が上がり、その結果痩せることができます。
ですが、やみくもに筋トレをしても思い通りに筋肉はつきません。
実は、筋トレは食事の内容も大切なのです。食事でタンパク質やアミノ酸など様々な栄養を摂る必要がありますが、その中でも鶏肉は優秀な食品です。
今回は、鶏肉が筋トレと相性がいいと言われている理由を紹介します。

 

鶏肉は高タンパク、低カロリーで筋トレに必要な栄養も豊富

 

鶏肉は、筋肉を作るのに欠かせない栄養であるタンパク質を100g中20gと豊富に含んでいるので、プロテイン一杯分と同じ量を摂取することができます。
また、脂質の少なさも魅力です。他の肉類はタンパク質の多さに比例して脂質も多い傾向にあるのですが、皮を取り除いた鶏肉の脂質は、100g中2gと非常に少ないのです。

牛肉の脂質が少ないヒレ肉でも100g中15gなので、鶏肉の脂質は非常に少なく、ダイエットに最適なのです。
特に、ダイエットの時期はカロリーや脂質の摂取を気にする人が多いので、とても心強いです。

タンパク質だけではなく、鶏肉には、筋トレに必要な栄養がたくさん含まれています。
疲労の蓄積を抑えるイミダペプチドや、快眠を促すトリプトファンというアミノ酸が豊富に含まれていて、筋トレ後の疲れた体を回復してくれ、筋トレを無理なく続ける体の環境を整えてくれます。
また、エネルギー源になる飽和脂肪酸と、コレステロールを減少させる効果がある不飽和脂肪酸がバランスよく含まれていて、健康的なダイエットが可能です。

 

安さや手軽さも魅力

 


鶏肉は、栄養面だけではなくコストパフォーマンスにも優れています。
例えば、牛肉や豚肉などを毎日食べようとするとどうしても食費が高くなり、金銭的に苦しくなりますが、ブロイラーの鶏肉であれば安く購入できるのです。

数ヶ月から半年など長いスパンで筋トレを計画しても、無理なく食べ続けることができるのは魅力的です。
また、鶏肉の焼き物や、鶏肉のサラダなど、メニューを工夫することでに毎日飽きずに食べることができます。

手軽さも魅力的で、主婦や社会人など忙しくて調理や食事をする時間がない場合も、コンビニに売られている鶏肉の加工品が安価で購入可能なのです。


筋トレとの相性は最高

 

栄養面、コストパフォーマンスを考えた場合、鶏肉は筋トレと非常に相性がいい食品です。
注意しなければいけないのは、筋トレとダイエットには食事がとても大切で、いくら鶏肉が相性がいいといっても鶏肉だけを食べればいいというわけではありません。

カロリーや栄養の管理をしっかりと行い、余計な栄養、カロリーは摂取しないことが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA