筋トレ期間中の飲酒のリスクについて

 


ダイエットとしては、食事制限などのほかにも筋トレも効果的で実践する人は数多くいます。
ダイエット目的ではなくても、美しいボディラインを作るためにも、筋トレは有効です。
この筋トレは、効率的に行うためには、トレーニング内容のほかに、食事内容などで様々な注意点があります。
その注意点のひとつである飲酒について紹介します。

 

アルコールを摂取した際のメカニズム

 

ダイエットといわず、普段の生活においても、過剰な飲酒は体に悪いという印象があり、飲酒したことによって筋トレにどのような影響があるのか不安であるという人は数多くいます。

実際に、ジムのトレーナーやプロのアスリートの中には、飲酒を控えているという人は数多くいます。
具体的にどのような影響があるのかを知っていることが、効果的な筋トレを行うためには必要です。

体内にアルコールを摂取すると、胃や腸からアルコールが血液に吸収されていきます。
肝臓に運ばれて、そこで酵素によって分解され、代謝されるという経路です。
この過程で、アセトアルデヒドが生成されたり、コルチゾールというホルモンが分泌され、これが筋肉に対して影響を与えます。

 

筋肉に与える飲酒の影響

 

端的に言うと、飲酒は筋トレに対して悪影響を与えます。
まず、アルコールは体にとって異物であり、これを代謝するために非常に大きなエネルギーを必要とします。

そのため、筋肉を成長させるために必要なエネルギーが不足してしまう可能性が高いです。
アルコールを摂取すると、筋肉に関係する男性ホルモンの分泌が阻害される可能性があります。
アルコールの分解過程で発生するコルチゾールは、筋肉を分解する働きがあるほか、脂肪の蓄積を促進する働きがあり、筋トレにもダイエットにも悪影響です。

また、筋肉はトレーニングした後にたんぱく質を利用して回復することで成長するものですが、アルコールを摂取するとアルコールの分解でたんぱく質を使い筋肉の成長につながりません。
このほか、疲労回復に必要なビタミンが失われ、睡眠の質も悪くなるので、筋トレにはよいことはありません。

 

筋トレ中に飲酒する場合

 

いくら筋トレ中で、飲酒を控えているといっても、人との付き合いで飲まなければならないこともあれば、お酒を飲みたくなることもあります。
そのような際には、飲酒の仕方に気を付けることがおすすめです。

飲むお酒の種類は、ウイスキーやジンなどの蒸留酒を選ぶと糖分が少なく、余計なエネルギーを消費しません。
また、つまみは唐揚げなどの糖質と油分が多いものではなく、サラダや鶏肉などの低カロリーでビタミンとたんぱく質が豊富なものを選ぶとよいです。


筋トレと飲酒の関係 筋トレをするにしても、ただ何となくしていても意味がありません。
筋トレに悪影響を与える飲酒は、なるべく避けることが重要です。できる限り筋トレ後には避けるべきですが、どうしても飲まなければならないこともあれば、飲酒がストレス発散となる人もいます。

適切な飲酒との付き合いを行い、楽しく筋トレを続けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA